ワコール ガードル 効果

ワコールのガードルの効果はどう?

ガードルは色々な商品が販売されているため、メーカーによって期待できる効果は変わる?と疑問の方も多いと思います。
そこで、ガードル販売大手ワコールを例に効果を徹底検証しました。

 

(ワコールのガードルの効果は?)

 

ワコールは、色々なタイプのガードルを販売しているため、種類によって期待できる効果は変わります。

 

ここでは、ワコールのセミハイウエストタイプロング丈を例に、期待できる効果を検証します。

 

・ウエスト周り
ウエストを高くして、腰回りをすっきりスムージングする効果が期待でき、シェイプなウエストラインへと働きかけます。

 

・お腹やお尻にアプローチ
ワコールのガードルはパワーネットでお腹を押さえ、ヒップをほどよく支える効果が期待できます。

 

また、今回紹介しているワコールのアルラは、伸縮性に優れたタイプのため、圧迫感が気になる方に向いています。

 

(ワコールのガードルの価格帯は?)

 

ワコールのガードル商品は、3,000円台後半から7,000円台のガードルが主流で、お腹ケアに重視したタイプなど商品によって期待できる効果に違いがあるようです。

 

・ワコールガードルは少し高め?
腰回りやお腹、ヒップなどにアプローチするワコールのガードルは、6,000円以上する商品が主流のため、価格帯は少し高めと感じる方が多いと思います。

 

最近は、3,000円以下のガードルでもウエスト周りや骨盤、お尻などのケアに効果が期待できる商品もあるので、コストを抑えたい場合は色々なメーカーのガードルをチェックしたいところです。

 

【こっちもオススメ】骨盤ガードル「ギュギュギュ」

 

 

ガードルはお腹の引き締めに効果があるの?

 

『お腹のたるみをなんとかしたい!』や『理想的なクビレになりたい!』などの方は、ガードルを利用するケースが多いようです。
そこで、ガードルはお腹を引き締める効果が期待できるのか検証しました。

 

(ガードルのお腹引き締め効果を検証!)

 

ハイウエストタイプやジャストタイプのガードルは、お腹周りもカバーするため、引き締める効果は期待できます。

 

・ガードルの種類によって違いも?!
ガードルのお腹引き締め効果を検証したところ、生地が薄いガードルと生地が厚いガードルでは、お腹を引き締める効果に違いがあるようです。

 

生地が厚いガードルは、圧迫感が少なく継続しやすいというメリットがあるものの、厚い生地のガードルよりお腹を引き締める効果が低い傾向です。

 

(継続しやすいガードルがおすすめ!)

 

お腹の引き締め効果を目的にガードルを履く場合、色々なシーンで使用でき、継続的に履きやすいタイプのガードルがおすすめです。

 

・薄くなく厚くないガードルがおすすめ!
履き心地と期待できる効果のバランスを考えますと、ガードルは薄くなく厚くもないタイプが良いと思います。

 

ガードル愛用者の口コミを見ると、『薄いガードルは耐久性がチョット。』や『厚い生地のガードルは圧迫感があって苦手。』などの感想が多数あります。

 

・丁度良いガードルが人気!
最近は、薄くなく厚くもない『丁度良いガードル』が人気を集めていて、商品によっては引き締め圧を調整できるホックが付いています。

 

 

【こっちもオススメ】骨盤ガードル「ギュギュギュ」

 

 

ガードルはディナーの天敵!?

 

 ガードルをつけているとき、苦しいとか、オナカが痛くなることで、楽しい食事に失敗したことはありませんか?

 

 オナカがギュギュッ!!と締め付けられて痛くなってしまいます。せっかく細身なワタクシに変身しても、せっかくの魔法の時間をお手洗いに引きこもってしまうと、悲しいですね。

 

 せっかくの時間が台無しになってしまうのです。オナカを強く締め付けているので、体が悲鳴を上げてしまいます。また、胃が圧迫されてしまうのであまり食事が入らなくなってしまいます。せっかくの食事が台無しになってしまうのです。

 

 大切な食事の際には、ガードルをつけていかないことをオススメします。いくら美しく見せようとしても、食事自体を楽しむことができなければ意味がありません。

 

 楽しいディナーが台無しになってしまうことは避けたいですよね。そのためには、チョットの見栄を捨てる勇気が大切です。ガードルという見栄を脱ぎ捨てるのです。そうすれば、楽しいディナーになるはずです。

 

 

きれいのためには我慢が必要?

 

女性の補正下着やガードルですが、私が第一に思うことが締め付けについてです。
私の体型は比較的普通ですが、ガードルや補正下着を着用するとどうしても苦しいと感じてしまいます。

 

特に食事をすると苦しいため、あまり着用したくないというのが率直な意見です。
ただし、成人女性にとって、下着一枚でスカートを履くということ自体が難しいとも考えます。

 

それは何かの拍子に下着が見えてしまったら単に恥ずかしいという気持ちもあります。

 

それに加え年齢を重ねるごとに体型は衰えていきます。重力には逆らえないのかなと悲しくなってしまいます。
現状は自宅に帰るとすぐに締め付けるガードルなどを脱いでしまいます。そして楽な格好になる癖があります。

 

ですがこのままだと体が益々たるんでいくのできちんと補正下着を着用しないといけないな、と考え始めています。
世の中には私と同じような考えの方が多くいるのではないかと思います。
求める補正下着はズバリ、安価で締め付け感の少ない商品です。

 

私が知らないだけで、すでにそのような商品があるのかもしれません。

 

 

くるくる丸まってしまう、、、

 

ガードルを履く際の悩みは、ガードルの圧に耐えて一生懸命履いても、胸下まで上丈があるものを履いたときに、ガードルがくるくる丸まって下がって来てしまうことです。

 

最初に履くときに上まできっちりあげても、くるくる丸まって腰の辺りまで降りてきてしまい、その丸まってる部分の違和感がすごい不快です。

 

丸まっているのを直そうと思っても、家の中ならいいのですが、外出時などそうそう人目のある中で出来る事ではないですし、タイミングを見はからってトイレなどで直せた!と思っても、かがむなど少し動いただけでくるくるとまた丸まってしまい、丸まる→違和感→直す→丸まるの無限ループになってしまいます。

 

せっかく上丈があるのに、活かせないのはもったいないですし、くるくると丸まってくることを考えると、ガードルを履くのと、ガードルが丸まってくるのを直すことがセットのように感じられ、めんどくさいと思いガードルを履くのをためらってしまうようになりました。
動いても生地が丸まらないようなガードルがあれば履いてみたいなと思います。

 

 

すぐにボディメイク!じわじわ引き締める!

 

おなかやおしりについたお肉って、落とすのが大変ですよね。とにかく今すぐお肉を隠したい!補正下着を探している!という方におすすめなのが、ギュギュギュの骨盤ケアショーツです。

 

このショーツ、おなか側に3段階の調節ホックが付いたハイウエストタイプとなっていて、履くとおなかのお肉を抑えこみ、キレイなウエストラインを作ってくれます。
背中側のワイヤーは腰を支えつつお肉が下へ流れるのを防ぐので、ヒップアップも叶います。このワイヤーが良い姿勢を保つサポートをしてくれます。

 

また素材に伸縮性が高いメッシュ生地を使用しているので、季節やシーンを問わず着用できます。
ギュギュギュのショーツはボディラインをキレイに見せてくれるだけでなく、履いていると痩せていくと話題です。もちろん、ただ履いているだけでは痩せません。

 

毎日履くことでショーツの機能が発揮されて姿勢が良くなり、骨盤が安定して代謝が良くなったり、おなかへのほどよい締め付けが食べ過ぎを防いでくれたり、そういったことの積み重ねで痩せていく人が多く、話題になっているのです。ギュギュギュのショーツが痩せるサポートしてくれると言えますね。

 

補正下着を毎日履くとなると履き方が面倒だったりしますが、このショーツは意外とシンプルです。
まず、普段のショーツを履く感覚で両足を入れ引き上げます。

 

おへその上までサポーターを持ってきたら、おなかの前にあるホックを止め、シワを伸ばし全体を整えたら完了です。
スパッツタイプのように太もも部分の調整も必要なく、サッと履けてしまいます。

 

ネットに入れて洗濯機で洗える点も、気軽に毎日使いたい気持ちをアップさせてくれますね。

 

最後にギュギュギュの骨盤ケアショーツは店舗販売していないようなので、公式サイトからの購入になります。キャンペーンでお得になることもあるので、是非チェックしてみて下さい。

 

>>骨盤ガードル「ギュギュギュ」が気になる方はこちら

page top